< 調 査 内 容 >

1.調査テーマ:高温動作固体電解質燃料電池 システム特許出願動向

2.調査の狙い:Fターム(キーワード)毎の出願件数推移及び主要各社の出願件数

推移を調査し、高温動作固体電解質燃料電池 システム特許出願動向を調査した。

特に、次の事項を重点的に調査した。

(1) 高温動作固体電解質燃料電池 システム特許出願の主要各社の動向
(2) 主要各社のキーマン調査
(3) 主要各社のキーマンの研究開発の狙いの調査

3.調査方法:検索式=FI ;H01M8/12(高温度で動作する固体電解質燃料

電池)*FT ;5H027AA06(固体電解質燃料電池システム)が付与された公開・公表特許

情報を収集し、Fターム(キーワード)を活用し、特許解析ソフトを使用して解析を

実施した。

4.対象情報:2004年1月8日より2015年7月6日までの公開特許および

公表特許、2,386 件。

5.発行日    :2015年 8月18日

6.調査・編集:明専テクノ有限会社

< 目  次 >

1.総括編
(1) 主要出願人の出願件数推移 (P.1〜P.2)
(2) 主要Fターム(キーワード)別の出願件数推移 (P.3〜P.7)
(3) 主要Fターム(キーワード)の相関分析 (P.8〜P.12)
(4) 主要出願人のFターム(キーワード)件数比較 (P.13〜P.17)
(5) 注目課題別重要特許情報         
 a. 改質用水蒸気を生成水から得るもの(P.18〜P.42)
 b. 排ガスを燃焼部に供給するもの(P.43〜P.154)
 c. タービン発電機との組合せ(P.155〜P.179)
 d. 温水の製造,給湯(P.180〜P.234)
 e. 電池本体の温度(P.235〜P.313)
 f. 電池出力,負荷指令(P.314〜P.363)
 g. 正極活物質流路に設けたもの(P.364〜P.404)
 h. 正極活物質流入路に設けたもの(P.405〜P.454)
 i. 負極活物質流路に設けたもの( P.455〜P.518)
 j. 改質器の流入路,流出路に設けたもの (P.519〜P.590)
 k. 燃焼部に対するもの(P.591〜P.620)
 l. 電気的変量,配線の変更 (P.621〜P.671)

2.個別企業編
[調査対象企業]
(1) TOTO (P.672〜P.719)
(2) 三菱重工業 (P.720〜P.746)
(3) パナソニック+松下電器 (P.747〜P.769)
(4) 京セラ (P.770〜P.806)
(5) JX日鉱日石エネルギー (P.807〜P.820)
                    
[調査内容]
a. 主要Fターム(キーワード)の出願件数推移
b. 主要発明者の出願件数推移
c. 主要発明者の相関分析
d. 主要発明者とFターム(キーワード)の相関分析
e. 主要発明者(キーマン)のFターム(キーワード)件数推移
f. 主要発明者の特許情報

3.添付資料                           
(1) 解析対象情報(エクセルファイル)
(2) 注目課題別重要特許情報(エクセルファイル)
(3) 主要発明者の特許情報(エクセルファイル)
(4) 関連Fターム(キーワード)とその出願件数(エクセルファイル)