< 調 査 内 容 >

T.調査テーマ:シェールガスの採取方法 米国特許出願動向

U.調査の狙い:UPCまたはキーワード毎の出願件数推移及び主要各社の出願件数

推移を調査し、シェールガスの採取方法米国特許出願動向を調査した。

特に、次の事項を重点的に調査した。

1. シェールガスの採取方法米国特許出願の主要各社の動向
2. 主要各社のキーマン調査
3. 主要各社のキーマンの研究開発の狙いの調査

V.調査方法: (@ICL/E21B043/16:炭化水素を採取するための強化回収法 OR AICL/E21B043/17:二つまたはそれ以上の井戸をフラクチャリングまたは地層を攻める他の方法により連結することによるもの OR BICL/E21B043/18:再加圧または真空法OR CICL/E21B043/20:水攻法OR DICL/E21B043/22:化学薬品またはバクテリアの作用を使用するものOR EICL/E21B043/24:熱を使うものOR FICL/E21B043/241:炭化水素でない鉱物の溶解採鉱と組合わせたものOR GICL/E21B043/243:現場で燃焼するものOR HICL/E21B043/247:フラクチャリングの手順に関連したものOR IICL/E21B043/248:爆発物を用いるもの) AND PD/1/1/2002->10/24/2013

検索式=(@+A+B+C+D+E+F+G+H+I)} AND PD/1/1/2002->10/24/2013により情報を収集し、

UPC、キーワードを活用し、特許解析ソフトを使用して解析を実施した。

W.対象情報:2002年 1月 24日より2013年 10月24日までの公開特許、

1,730件。

X.発行日    :2013年 12月9日

Y.調査・編集:明専テクノ有限会社

< 目  次 >

1.要約
(1) 主要出願人のUPCランキング比較(P.1〜P.2)
(2) 主要出願人の重点UPC比較(P.3)
(3) 主要出願人の重点キーワード比較(P.4)

2.総括編
(1) 出願人ランキング(P.5〜P.9)
(2) 主要出願人の出願件数推移(P.10〜P.14)
(3) UPCランキング(P.15〜P.19)
(4) 主要UPCの出願件数推移(P.20〜P.24)
(5) 技術分野別出願件数(P.25〜P.29)
(6) 主要出願人のUPC件数比較(P.30〜P.34)
(7) 主要キーワードの出願件数推移(P.35〜P.39)

3.個別企業編
[調査対象企業]
(1) Halliburton Energy Services(P.40〜P.58)
(2) Schlumberger Technology(P.59〜P.73)
(3) Baker Hughes(P.74〜P.91)
[調査内容]
@ UPCランキング
A 主要UPC毎の出願件数推移
B 主要UPCのキーワード件数比較
C 主要キーワードの出願件数推移
D 発明者の出願件数ランキング
E 主要発明者の出願件数推移
F 主要キーワードと主要発明者の相関分析
G 技術分野別発明者数

4.添付資料  
(1) 関連IPCの内容とIPC件数(エクセルファイル) 
(2) 関連UPCの内容とUPC件数(エクセルファイル)
(3) 関連キーワードとキーワード件数(エクセルファイル)
(4) 解析対象情報(エクセルファイル)