< 調 査 内 容 >

1.調査テーマ:電池等の充放電回路 トヨタ自動車特許出願動向

2.調査の狙い:Fターム(キーワード)毎の出願件数推移及び主要各社の出願件数

推移を調査し、電池等の充放電回路トヨタ自動車特許出願動向を調査した。

特に、次の事項を重点的に調査した。

(1) 電池等の充放電回路トヨタ自動車特許出願の動向
(2) キーマン調査
(3) キーマンの研究開発の狙いの調査

3.調査方法:検索式=テーマコード ; 5G503; 電池等の充放電回路 AND

PD/8/1/2004->1/5/2015によりトヨタ自動車特許情報を収集し、

Fターム(キーワード)を活用し、特許解析ソフトを使用して解析を実施した。

但し、2004年と2005年は旧テーマコード5G003を使用した。

4.対象情報:2004年 1月8日より2015年 4月13日までの公開特許、

1,453件。

5.発行日    :2014年 5月19日

6.調査・編集:明専テクノ有限会社

< 目  次 >

[ 総括編 ]
1. 主要Fターム(キーワード)の出願件数推移(P.1〜P.5)
2. 主要Fターム(キーワード)の相関分析(P.6〜P.10)
3. 主要発明者の出願件数推移(P.11〜P.12)
4. 主要発明者の相関分析(P.13〜P.17)
5. 主要発明者とFターム(キーワード)の相関分析(P.18〜P.22)
6. 注目課題別重要特許情報    
(1) 充電の方法及び回路装置(P.23〜P.51)
(2) 電気的変量、容量(P.52〜P.69)
(3) 放電時の電池電圧を検知するもの(P.70〜P.79)
(4) 発電機(P.80〜P.95)
(5) 充電器,機器側(P.96〜P.118)
(6) プログラム(P.119〜P.144)
(7) コンバータ(P.145〜P.163)
(8) インバータ(P.164〜P.186)

[ 個別発明者編 ]
1. キーマンA 氏            
(1) 主要Fターム(キーワード)の出願件数推移(P.187)
(2) 主要Fターム(キーワード)の相関分析(P.188〜P.192)
(3) 注目課題別重要特許情報   
a. 電気車用電源(P.193〜P.204)
b. 一般車両(P.205〜P.209)
c. ケーブルによる充電(P.210〜P.213)
2. キーマンB 氏          
(1) 主要Fターム(キーワード)の出願件数推移(P.214〜P.215)
(2) 主要Fターム(キーワード)の相関分析(P.216〜P.219)
(3) 注目課題別重要特許情報   
a. 誘導結合コネクタ(P.220〜P.228)
b. 無接触型 集電部の構造(P.229〜P.237)
c. 電気車用電源(P.238〜P.254)
3. キーマンC 氏
(1) 主要Fターム(キーワード)の出願件数推移(P.255)
(2) 主要Fターム(キーワード)の相関分析(P.256〜P.259)
(3) 注目課題別重要特許情報   
a. ケーブルによる充電(P.260〜P.263)
b. 車外への給電に関する制御(P.264〜P.266)
c. 電気車用電源(P.267〜P.272)

[ 添付資料 ]                           
1. 解析対象情報(エクセルファイル)
2. 発明者別解析対象情報(エクセルファイル)
3. Fターム(キーワード)ランキング(エクセルファイル)