< 調 査 内 容 >

1.調査テーマ:交流の給配電 東芝特許出願動向

2.調査の狙い:Fターム(キーワード)毎の出願件数推移及び主要各社の出願件数

推移を調査し、交流の給配電 東芝特許出願動向を調査した。

特に、次の事項を重点的に調査した。

(1) 交流の給配電 東芝特許出願の動向
(2) キーマン調査
(3) キーマンの研究開発の狙いの調査

3.調査方法:検索式=テーマコード ; 5G066; 交流の給配電 AND

PD/8/1/2004->25/5/2015により東芝特許情報を収集し、

Fターム(キーワード)を活用し、特許解析ソフトを使用して解析を実施した。

4. 対象情報:2004年 1月8日より2015年 4月16日までの公開特許、

646 件。

5.発行日    :2014年 6月12日

6.調査・編集:明専テクノ有限会社


< 目  次 >


[ 総括編 ]
1. 主要Fターム(キーワード)の出願件数推移(P.1〜P.3)
2. 主要Fターム(キーワード)の相関分析(P.4〜P.8)
3. 主要発明者の出願件数推移(P.9〜P.11)
4. 主要発明者の相関分析(P.12〜P.16)
5. 主要発明者とFターム(キーワード)の相関分析(P.17〜P.21)
6. 注目課題別重要特許情報    
(1) 電力需要予測(P.22〜P.40)
(2) 系統のシミュレーション(P.41〜P.69)
(3) 電力融通(P.70〜P.75)
(4) データベース(P.76〜P.104)
(5) デジタル計算機(P.105〜P.154)
(6) 出力分担(P.155〜P.167)
(7) 太陽電池(P.168〜P.181)
(8) 二次電池給電(P.182〜P.199)
(9) 二次電池蓄積(P.200〜P.219)
(10) 実効電力(P.220〜P.234)
(11) 所定時間内の使用電力量を制御(P.235〜P.243)
(12) 予測デマンド値の計算(P.244〜P.254)

[ 個別発明者編 ]
1. キーマンA 氏            
(1) 主要Fターム(キーワード)の出願件数推移(P.255)
(2) 主要Fターム(キーワード)の相関分析(P.256〜P.257)
(3) 注目課題別重要特許情報   
a. 太陽電池(P.258〜P.260)
b. 二次電池給電(P.261〜P.262)
2. キーマンB 氏          
(1) 主要Fターム(キーワード)の出願件数推移(P.263)
(2) 主要Fターム(キーワード)の相関分析(P.264〜P.267)
(3) 注目課題別重要特許情報   
a. デジタル計算機(P.268〜P.273)
b. 系統のシミュレーション(P.274〜P.278)
3. キーマンC 氏
(1) 主要Fターム(キーワード)の出願件数推移(P.279)
(2) 主要Fターム(キーワード)の相関分析(P.280〜P.283)
(3) 注目課題別重要特許情報   
a. 太陽電池(P.284〜P.286)
b. 二次電池蓄積(P.287〜P.291)

[ 添付資料 ]                           
1. 解析対象情報(エクセルファイル)
2. 発明者別解析対象情報(エクセルファイル)
3. Fターム(キーワード)ランキング(エクセルファイル)